世界各国で人気を博する日本の化粧品ブランド インド市場では敗退

世界各国で人気を博する日本の化粧品ブランド インド市場では敗退
拡大する(全1枚)

 世界各国で高い評価を得てきた日本を代表する化粧品ブランド、資生堂<4911>。しかし化粧品の名門もインド巨大市場ではその実力を発揮できなかったようだ。


 資生堂はこの度、インド中間層をターゲットにした中低価格帯メイクアップ・スキンケアブランド「Za(ジーエー)」の販売を終了することを発表した。これに伴い、中間層向け化粧品の販売を目的とした現地販売子会社、Shiseido India Private Limitedも解散する。


 今回の「Za(ジーエー)」ブランドは中国、台湾、タイ、香港、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ニュージーランドでも展開しているが、インドでは撤退となった。要因は、当初の予想以上にマーケティング投資がかさんだことだ。同社の発表によれば、採算を見込めるまでにかなり時間がかかると予想し、撤退を決定したという。


 解散が決定したShiseido India Private Limitedは2013年7月にムンバイに同社連結会社として設立され、当初は1500店以上の取り扱いを目指していたが、現実は約2年で終了する結果となった。今後は同社高級ライン化粧品の「SHISEIDO」の強化に注力するという。


 「Za(ジーエー)」ブランドがターゲットとしていたインドの中間層であるが、この中間層の巨大市場を巡り、現在も世界各国の化粧品会社がしのぎを削ってマーケティング戦略を展開している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク