ワーキングプアから年金プアへ、老後破綻者が急増の恐れ

ワーキングプアから年金プアへ、老後破綻者が急増の恐れ
拡大する(全1枚)

 低賃金の非正規雇用の労働者、いわゆるワーキングプアが増大し、それにともない国民年金保険料の未納者も増加している。こうした年金保険料未納のワーキングプアは高齢になっても老齢年金の支給を受けることが出来ず老後破綻が待っていると言える。就労困難となった無年金の高齢者対しての救済としては生活保護しかありえず、年金プア予備軍であるワーキングプアの増大は将来、生活保護費を増大させ、高齢化によって自然に急膨張して行く社会保障関係費をさらに増大させて国家財政を逼迫させる要因になることは間違いない。


 総務省の労働力調査によれば平成12年(2000年)2月の非正規の職員・従業員数は1273万人で雇用者総数5267人の内24.2%であった。これが平成29年(2017年)7~9月には2050万人となり雇用者総数5839万人中の35.1%となり、人数で1.6倍に増加している。非正規雇用の内、派遣社員は平成12年2月に33万人であったものが平成29年7~9月には139万人と4.2倍の増加である。


 貧困化について国税庁の民間給与実態調査をみると、200万円以下の給与所得者の数は平成12年分(2000年分)に528万人と全体の11.7%であったものが平成27年分(2015年分)では719万人に増加し、全体の中の比率でも15.0%と増加している。


 国民年金の納付状況に関する直近の調査、平成26年国民年金被保険者実態調査をみると未納者(過去24か月、第1号被保険者期間の全ての保険料を納めていない者)の数は308万人にも上っている。この中で「保険料をおさめていないことについての意識別被保険者割合」をみると「もう少し生活にゆとりができれば保険料を納めたい」が71.0%となっており、年金保険料の未納の主要因が経済的な貧困にあることを表している。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国民年金」に関する記事

「国民年金」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国民年金」の記事

次に読みたい「国民年金」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。