「億ション」から「億邸」へ。富裕層に広がる卒タワマンの動き

「億ション」から「億邸」へ。富裕層に広がる卒タワマンの動き

 ここ数年、都心部を中心に続いてきたタワーマンションブーム。その勢いが今、少し陰りを見せ始めているようだ。その原因の一つは、価格の高止まりだ。タワーマンションの高層フロアに住むことは成功の象徴であり、ステイタスと考える風潮は根強いものの、それでもさすがに高騰しすぎのきらいがある。一時、投資目的で日本のタワーマンションを積極的に購入していた海外投資家なども、採算が合わずに徐々に撤退し始めているほどだ。


 では、そんな高額なタワーマンションを買える富裕層自体が減っているのだろうか。


 株式会社野村総合研究所が2018年12月に発表した「2017年の純金融資産保有額別世帯数と資産規模についての推計」によると、世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」は118.3万世帯、5億円以上の超富裕層は8.4万世帯で、合計すると日本の全世帯数の2%強にあたる126.7万世帯にも上る。


 それなら富裕層は一体、どこに行ってしまったのか。その行先は郊外の「億邸」だ。都心にそびえ建つタワーマンションの高層階は確かに魅力的だ。最新の住宅設備に囲まれて、窓から下界を見下ろすと、自らの成功をひしひしと感じられることだろう。しかし、マンションにはスペースの制限がある。間取りなどの自由度も低いため、ライフスタイルも自ずとそれに合わせていく必要がある。そこで、大きな敷地で、もっと自由に趣味や生活、自分らしいライフスタイルを楽しめる「億邸」に興味を示す富裕層が増えてきているのだ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年5月12日の経済記事
「「億ション」から「億邸」へ。富裕層に広がる卒タワマンの動き」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    富裕層が都心タワマンに移住の傾向、空き屋の豪邸目立つ って記事みたばかり。汗。 どっちが本当?

    7
  • 匿名さん 通報

    ステマ記事ですね。

    5
  • 匿名さん 通報

    どちらもそんなに売れてないから、どちらかで迷ってる人がどっちかには食いつくように、それぞれに対して軍配があがってますよ!という記事をあちらこちらで作ってるのでは?

    4
  • 匿名さん 通報

    買うときの値段以上に維持費がどれだけかかるかという話だろ?買えば税金がバカみたいに掛かるしなぁ~。借りた方が良いと言う結論に落ち着くのでは?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。