景気後退の兆し鮮明。世界経済減速の中、消費回復が今後のカギ。~TDB景気動向

景気後退の兆し鮮明。世界経済減速の中、消費回復が今後のカギ。~TDB景気動向

 米中貿易摩擦に端を発する昨年からの中国・世界経済の減速傾向の中、10月に消費税増税が実施され国内景気の失速が懸念されてきた。世界経済は不透明感を増してきたものの国内経済の諸指標は堅調で増税の反動は軽微というのが概ねの見方であったが、台風等の自然災害の続発で状況は一変し、消費の冷え込みは予想以上のようだ。そんな中、景気後退局面入りの可能性を示唆する声も増えてきた。


 4日、帝国データバンクが月例のTDB景気動向調査(全国)11月調査の結果を発表した。レポートによれば11月の景気DI(0~100)は前月比0.3ポイント減の43.6となり、2カ月連続の悪化となった。外需の低迷を受け製造業の悪化が関連業種に波及するなかで増税、天候不良の影響も続き「国内景気は後退局面入りした可能性がある」と言及している。


 DIの動きは、10業界中、製造、卸売、小売、サービス、その他の5業界で悪化となっている。外需減速の影響を中心に自動車や機械関連の低迷で「製造」の悪化が持続しているうえに、増税、天候不良の影響で「小売」は2カ月連続で悪化している。


 製造のDIは39.6という低迷ぶりで前月比 0.7 ポイントの減少、7カ月連続で悪化を持続している。自動車関連の輸出が減少基調を持続したことで装置製造の景況感が悪化、また、工作機械受注の落ち込みが響いた「機械製造」の0.9ポイント減など「製造」は12業種中8業種が悪化し、DIは6年7カ月ぶりに40を下回る低迷だ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事をもっと見る

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「税金」のニュース

次に読みたい関連記事「税金」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の経済記事

キーワード一覧

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。