公債発行額減額の裏に「ルール破り」

 政府は余剰金の半分以上を借金返済に充てるという財政上のルールを破り、公債発行額が8年連続で減っているように「粉飾している」と28日の衆院予算委員会で国民民主党の前原誠司議員が指摘した。麻生太郎財務大臣は「マーケットのためだ」とルールを守らなかったことを認めた。


 前原議員は「安倍総理は施政方針演説で『公債発行額の減額は8年連続』と言ったが、補正予算を含めた決算ベースでは8年連続ではない」と指摘。補正予算と来年度予算の財源に特例法で余剰金をあてていることをあげたうえで「財政健全化を遅らせるうえ、アベノミクス効果が出ていないことを隠す『粉飾決算』」と改善を求めた。


 2018年度の決算上の剰余金1兆3283億円は、2019年度補正予算で8016億円が、2020年度予算で5267億円が一般財源として充当していることをとりあげた。前原議員は粉飾、改ざんをやめ、財政健全化をどう進めていくか検討するよう求めた。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「公債発行額減額の裏に「ルール破り」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    安倍は都合の悪い事実はすべて嘘で塗り固めて逃げようとする。「責任を取る」という発想のない卑怯者。日本人の風上にも置けない。

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「細野豪志」のニュース

次に読みたい関連記事「細野豪志」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュース

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。