セキュリティ関連製品・サービス。AI、ロボティクス化で市場拡大。~富士経済

セキュリティ関連製品・サービス。AI、ロボティクス化で市場拡大。~富士経済

 AIやIoTなど情報通信技術の進化は業務の効率化や生活の利便性を向上させるものだ。しかし、それは同時に不正アクセスなどセキュリティのリスクを増大させるものでもある。セキュリティ管理については画像処理技術やバイオメトリクスなどの技術の向上にともない、人手不足の解消などとも相まって、ますます自動化の方向で市場は拡大するものと思われる。


 9日、総合マーケティング業の富士経済が新たな需要が創出されつつあるセキュリティ関連の機器・システム・サービスの国内市場を調査し、その結果を「2019 セキュリティ関連市場の将来展望」としてレポートを公表している。


 レポートによれば、2018年のセキュリティ関連の国内市場の規模は前年比3.6%増の9864億円と推計されている。19年については前年比3.4%増の1兆201億円と1兆円を超える見込みだ。


 この背景として近年堅調に推移している都市部での再開発関連での拡大傾向、特にアクセスコントロールや監視カメラシステム分野での好調があげられている。また、煽り運転問題で注目を浴びるようになったドライブレコーダーなどの自動車分野が市場規模は小さいものの大きな伸びとなる見込みのようだ。


 20年以降の動向については市場シェアが半分近くを占めるイベント監視/通報関連機器分野をはじめとして危機管理/事故防止対策分野、監視カメラシステム分野など比較的規模の大きい市場が堅調な伸びを示すと見込まれている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。