厚労大臣賞に薄千鶴さん 福島県中学生作文コン

 社団法人福島県医薬品配置協会主催、厚生労働省など後援の第15回福島県中学生 『家族の健康』 作文コンクールの入選者が決まった。厚生労働大臣賞には応募総数3205点の中から白河市立白河第二中学3年の薄千鶴さんの作文「病気の父を持って」が選ばれた。薄さんは、突然の脳内出血のために右半身と言葉の自由を奪われた父を目の当たりにし、初めて、夢や希望が健康であること、生きていることを当然のこととして抱いてきたことに気づいたと綴り、これからは健康であることに感謝しながら、「家族で父を支え、未来を明るいものに変えていきたい」。この出来事を「笑顔で話し合える日が来る日まで」と明るく、前向きに伝えている。表彰式は10月28日午後1時から福島県熱海町2丁目148の2にある郡山ユラックス熱海で催される。

 中学生作文コンクールは同協会が任意団体から公益法人として認可を受けたのを記念して、多感な時期を迎える中学生に家族や健康について考えてもらおうと1994年から始めたもので、第1回のコンクールには福島県教育委員会や地元新聞社などが後援。翌年から地元テレビ各社も後援参加。1996年から福島県が後援に加わり、1999年から厚生労働省も後援参加。厚生労働大臣賞(当時は厚生大臣賞)が設けられた。15回の節目を迎えた今回は昨年より9校、1734点多い、101校から3205点の応募があり、1次、2次をクリアした作品の中から、本審査で入賞作品が決まった。厚生労働大臣賞以外の入賞者は次のみなさん(敬称略)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年10月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。