ライオンが江戸川区に新研究施設を開設

 ライオンは「新快適生活産業No.1企業」「環境対応先進企業」「挑戦・創造・学習の企業文化の活性化」を進めるための新研究施設・平井事業所を東京都江戸川区平井7-2-1(旧東京工場跡地)に開設した。

 敷地面積は4万3329平方メートル。延床面積9883・65平方メートル(新研究棟5451・12平方メートル、管理厚生棟+コミュニケーション棟4432・53平方メートル)。

 新研究施設は研究棟・コミュニケーション棟・管理厚生棟からなり、外部とのコミュニケーション、生活者評価機能、オープンな研究施設、環境への配慮という4つの基本コンセプトで構成されている。

 外部とのコミュニケーションは、生活者との対話を大切にする「開かれた研究所」をテーマに、研究・技術を通じて同社製品の良さを伝えるとともに、近未来の生活を提案する。また、生活者モニターを招き、製品や開発品を実際に使用し評価をする外部モニタールームを「コミュニケーション棟」内に設置する。

 研究施設はワンフロアの無柱空間にし、フロアを壁などで仕切らず、研究室や実験室内を広い空間として活用し、研究員同士のコミュニケーションがとりやすいレイアウトにしている。

 また、太陽光発電、クール・ヒートチューブ(地熱利用)、雨水利用、屋上緑化など環境保全に配慮(太陽光発電設備の発電量はコミュニケーション棟の展示エリアの照明電力量に相当)。コミュニケーション棟屋上は「ビオト-プ(複数の生物種が共生できる環境を備えた地域や場所)による屋上庭園」を設置。敷地周辺の旧中川の自然や生態系をモデルとした関東平野に生息する在来種の草木を植え、小川の流れを模した水景を作り、めだかやたなごなどの在来の生き物が観察できるようにしている。
(情報提供:エコノミックニュース 編集:南)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2009年5月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら