中外胃腸薬の名称 10月から変わる!

 ライオンは2004年12月に中外製薬の一般用医薬品部門の譲渡をうけ、2005年1月から新中外胃腸薬シリーズを、5月から生薬配合の中外胃腸薬Sシリーズを販売してきたが、今年10月から、中外胃腸薬の名称を胃腸薬成分のスクラルファートを前面に打ち出した「スクラート」に変更して商品提供をはじめる。医薬品の成分や容量、価格は現在の胃腸薬と変わらない。 変更により、現在の中外胃腸薬(錠剤)はスクラート胃腸薬(錠剤)に、新中外胃腸薬S(散剤)はスクラート胃腸薬S(散剤)になる。 シリーズの胃腸薬の主成分「スクラルファート」は胃腸膜の荒れた部分にのみ選択的に貼り付いて粘膜を保護する効果があるほか、自然治癒力を高め、荒れた胃粘膜の修復を促進する働きがある。 中外胃腸薬は中外製薬の医療用医薬品「アルサンミン」のスイッチOTC薬として1981年に市場にお目見えし、胃の痛み、胃のもたれに優れた効果を発揮する胃腸薬として愛用されている。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。