窪塚洋介に聞く上下関係論「大人だから偉い、年上だから正しい、がおかしいと感じた瞬間」
拡大する(全1枚)
窪塚洋介が19年ぶりに主演する縦型ミステリードラマ『上下関係』が7月30日からニュースサービス「LINE NEWS」の縦型動画プロジェクト「VISION」にて配されている。「上下関係はどうあるべきか? 正しい人間関係の作り方は? その答えは人によってそれぞれ違うと思うんです。この作品がそのことを考える一助になれば」そう語る、窪塚洋介に若い頃から今までの人間関係論について聞いた。(前後編の前編)

【写真】19年ぶりのドラマ主演が話題に、窪塚洋介の撮り下ろしカット【16点】

──今回のドラマでタイトルになっている『上下関係』。これは時代によっても変わるでしょうし、年齢によっても捉え方が変わってくると思うんです。窪塚さん自身は、どのように上下関係の認識が変化しましたか?

窪塚 俺の場合、それほど変わってはいないですね。昔から後輩に対して上から偉ぶるタイプではなかったし、逆に相手の年齢が上というだけで必要以上に敬うような真似もしていなかったし。年齢的には上でも、ヤワな奴だったら実質はクソガキと変わらないじゃないですか。失礼なことをされて「もうこいつはいいや」と自分が見限った相手に対しては、年上でも相手をしなかったし。年を取ったことによって変わったのは、むやみに怒らなくなったところじゃないかな。

──部活の先輩・後輩関係などに顕著ですが、「年上はリスペクトするもの」という考え方は根強くありますよね。