SKE48・夏のZeppツアーが最終日、山内鈴蘭が11月末での卒業を発表

SKE48・夏のZeppツアーが最終日、山内鈴蘭が11月末での卒業を発表
拡大する(全1枚)
SKE48の夏のZeppツアー「SKE48 Summer Zepp TOUR 2021」が10月7日(水)、Zepp NagoyaのチームS公演で最終日を迎えた。

【写真】涙で卒業を発表する山内鈴蘭、ほかチームS公演の模様【16点】

7月にスタートし、札幌、東京、大阪、福岡、名古屋の5都市にて、チームS、チームKII、チームE、それぞれのチームによる全11公演を開催していた夏のZeppツアー。

ツアーはチームEからスタート。“ニュース”が“ヌース”と聞こえてしまう活舌の悪いアナウンサーに扮した熊崎晴香による「くまちゃんニュース」で会場をなごませ、SKE48の代表曲を中心に、ユニット曲ではメンバーの様々な魅力をアピール。メンバーを代表して3名のうち誰かが激辛カレーに挑戦という企画では、それぞれ名演技を見せ、会場を沸かせた。

今回のツアーは夏に開催ということで、SKE48の夏らしい曲を集めた“夏曲メドレー”を全チーム共通で披露。同じ楽曲ながら、チームごとに編成人数が違うなどそれぞれの魅力を発揮した。

チームKIIは全員登場の「15人姉妹の歌」でのメンバー紹介で幕開け後、ユニット曲を4曲披露。次の「会いたかった」からは全メンバーでハードなパフォーマンスを立て続けに繰り広げ、一番SKE48らしいと言えるような全力セットリストで魅了した。アンコールでは、真っ暗な会場に蛍光塗料のグローブの手だけが浮かび上がる演出で「誰かの耳」を披露。緊迫感のあるクールなダンスに圧倒的な賞賛が送られた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「SKE48」に関する記事

「SKE48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「SKE48」の記事

次に読みたい「SKE48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク