土屋太鳳が監督・脚本を務め、自身と有村架純が主演を務めるショートフィルム作品『Prelude~プレリュード~』のポスタービジュアルと場面写真が公開された。

【写真】有村架純と真剣な顔で向き合う土屋太鳳、ほか場面カット【5点】

本作は俳優の高良健吾玉木宏、土屋太鳳、中川大志、野村萬斎がショートフィルムの監督に挑戦する「アクターズ・ショート・フィルム3」企画で生まれた作品。
「アクターズ・ショート・フィルム」とは、予算・撮影日数など同条件で5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを制作し、世界から6,000本超のショートフィルムが集まるアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)のグランプリ:ジョージ・ルーカス アワードを目指すというもの。

カメラの向こう側にいた彼らが、今回はカメラ越しにどんな世界を創り上げるのか?各所から大きな注目を集めているWOWOWの一大プロジェクトだ。

『Prelude~プレリュード~』は、戦争の苦い記憶を抱えた祖父(S-KEN)、バレリーナの道を志したものの挫折感を抱えた歩架(土屋太鳳)、悲しみのなかに沈む母(岩瀬顕子)、家族を優しく見つめる親友の桃子(有村架純)もまた、苦しい記憶を抱えて生きている…平穏な日常生活のなかで、大切な記憶を引き継いでいく家族と仲間の物語だ。撮影は数々のドキュメンタリー映画を撮ってきた大ベテラン山崎裕が担当した。

ポスタービジュアルは、大学をバックに歩架(土屋)と桃子(有村)のスナップ写真のようなビジュアル。二人の仲の良さが垣間見えるフレッシュな写真となっている。
また場面写真は、歩架(土屋)と桃子(有村)の大学でのシーンや、歩架の母(岩瀬)や祖父(S-KEN)など、ストーリーの肝となる写真が公開。大学生・歩架(土屋)が友人の桃子(有村)と共に家族問題や自身の悩みと向き合う『Prelude~プレリュード~』は2月に放送予定だ。

【あわせて読む】芸能界1強い男と噂、ネオVシネ四天王の本宮泰風に真相を直撃「喧嘩っ早い芸能人が相手なら」