昨年5月11日に亡くなった「ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの妻でものまねタレントの広川ひかるが14日(木)、アメーバオフィシャルブログを更新。タレントの島崎和歌子から線香が届いたことや驚いたことを明かした。


【写真】広川ひかるに届いた喪中はがき【2点】

この日、「喪中はがき」と題してブログを更新。絵文字を交えながら「先月から喪中はがきが何枚か届いています」と切り出し、「知らなかった訃報に、喪中見舞いのお線香を手配していると私にもお線香が。『身体に気を付けて』にカードにメッセージ」と島崎から届いたことを報告。「あんなに忙しいのにこの神経の細やかさにいつも本当に驚きます」とコメントした。

島崎は「葬儀は、もちろん、遠いのに一周忌法要に来てくれて参列者を大笑いさせてくれたり笑」といい、広川は「その時に撮った写真を写ってる人の数、現像して皆さんにも渡してと送ってくれたのですが、その時も写真と一緒に茶葉セットを贈ってくれました」「竜ちゃんの誕生日に お盆に」と島崎の人柄が伝わるエピソードを明かした。

さらに、「それから、最近聞いて驚いたのは、私の著書を自腹で購入して、仕事で会うタレントさん達に配ってくれているのだというのです!!」とつづり、その理由について「竜兵さんに沢山ご馳走になったから、竜兵さんを忘れて欲しくないから、って泣」と明かし「神なのかな?天使かな?わかこさま」と述べた。


最後に「私の友人達も沢山買って親戚・友人に配ってくれてる人が大勢いるんだけど皆さんには、本当に感謝しきれないです。そして読んでくれた方々の心に竜ちゃんが生きていると思うととても嬉しいです」とつづり、ブログを締めくくった。

【あわせて読む】『今田耕司のネタバレMTG』磯山さやか、上島竜兵さんからもらった忘れられない言葉を明かす