AKB48全国ツアーファイナル・チームK公演詳報、メンバーの涙に卒業発表の峯岸みなみも涙
拡大する(全2枚)
7月7日(日)のNHK大阪ホールを皮切りにスタートした約4年ぶりのAKB48全国ツアー。宮城・広島・福岡・名古屋・北海道など10会場での公演を終え、12月9日・10日にTOKYO DOME CITY HALLにてファイナル公演を開催した。

チーム4(9日昼)、チームB(10日朝)、チームK(10日昼)、チームA(10日夜)と各チームごとに行われたツアーファイナル、2日目昼に行われたチームK公演の模様をレポートする。(ライブの写真はこちらから)

     *     *     *

熱さとパフォーマンス力が売りの込山榛香キャプテンのチームKの公演は「Beginner」から格好よくスタートした。続いて「最終ベルが鳴る」やNMB48の「HA!」、「スクラップ&ビルド」など力強さを存分に表現し、緑のペンライトに染まった会場を盛り上げる。

ユニットコーナーでは、倉野尾成美、武藤小麟らで「波乗りかき氷」、小田えりな、下口ひなならの「向日葵」など、夏にスタートしたツアーでの楽曲はそのままに、メンバーをシャッフルして披露した。

アンコール明け、「転がる石になれ」「僕にできること」と続き「To be continued.」に入ると、涙を浮かべるメンバーも。

最後の挨拶で、小田えりなが「このツアーで一緒に過ごす時間が増えて、本当にいい人ばかりのチームKに入れて良かったな…」と泣き始めると、半数以上のメンバーが泣き出した。

この記事の画像

「AKB48全国ツアーファイナル・チームK公演詳報、メンバーの涙に卒業発表の峯岸みなみも涙」の画像1 「AKB48全国ツアーファイナル・チームK公演詳報、メンバーの涙に卒業発表の峯岸みなみも涙」の画像2