女優・坂井真紀が語る高橋伴明監督の撮影現場「伴明さんはすごく豪快で生命力あふれる方」
拡大する(全1枚)
どんなに「自分は元気だ」と思っていても、生と死はいつも表裏一体。人は誰でも、この世に“生”を受けた瞬間から、“死”に近づきながら生きている。来たる2月20日より、全国で順次公開となる映画『痛くない死に方』(高橋伴明監督)は、そんな普段はあまり意識することのない当たり前の“摂理”に、真っ正面から深く切り込んだ話題作。在宅医療のスペシャリストとして、2500人もの人々の“最期”を看取った医師・長尾和宏氏の同名原作をもとに描かれる、命の尊厳をめぐる物語だ。今回、同作で末期がんの父を自宅で看取る女性・智美を演じた坂井真紀さんにインタビュー。初参加となった“高橋組”の印象と、作品に対する想いの丈をうかがった。(前後編の前篇)

【写真】笑顔でインタビューにこたえる坂井真紀と、映画場面カット【12点】

――原作は、1995年から在宅医療を続けられている医師・長尾和宏氏によるノンフィクション。坂井さんが演じた智美は、柄本佑さん扮する若き主人公・河田に「痛くない死とは?」という命題を突きつける重要な役どころでもありますよね。役作りにあたって、ご自身ではどのようにアプローチを?

坂井 長尾さんのご本はもちろん読ませていただきましたし、介護についてのビデオを観たりして、私なりに勉強もしましたが、やっぱりすごく難しかったです。本来は自分事として考えていなきゃいけないテーマではあるのに、実際に自分の身に起こってからでなければ、現実味はどこか薄い。お友達からそういった話を聞いたことはあっても、これまではどうしたって距離感もありましたしね。