【世界の街角】飛行船が生まれた場所、南ドイツのフリードリヒスハーフェンを歩く

温暖な気候と美しい町の数々、アクティビティの多さから、ヨーロッパ屈指のバカンス先として人気を誇るボーデン湖。湖畔の町からはこれまでに、中世騎士の城が丘の上にそびえるメーアスブルクや、「ドイツ版ヴェネチア」とも呼べる美しい島リンダウの魅力を紹介してきました。

【世界の街角】飛行船が生まれた場所、南ドイツのフリードリヒスハーフェンを歩く


今回紹介するのは、これら2つの場所のちょうど真ん中に位置するフリードリヒスハーフェンという町。湖畔沿いにはプロムナーデや美しい公園が広がるほか、町の中心部は人々の活気で溢れています。歴史的な街並みはあまり残されていないものの、湖畔から望む雄大なアルプスやグルメ、ナイトライフなど、バカンスを楽しむには十分すぎるほどのアトラクションがそろっているのは確かです。

またフリードリヒスハーフェンは、飛行船が誕生した地としても知られています。飛行船を開発したのはフェルディナント・フォン・ツェッペリン(ツェッペリン伯爵)という人物。軍を退役してから飛行船開発に専念をし、1900年に念願の飛行船第一号を完成させました。彼が開発した飛行船は「ツェッペリン」の名で親しまれ、人々の希望を乗せて世界各地を周遊したのです。

【世界の街角】飛行船が生まれた場所、南ドイツのフリードリヒスハーフェンを歩く


そんなツェッペリンの歴史や技術について触れられるのが、湖畔に立つツェッペリン博物館。館内には当時の資料や船内で使用されていた食器類のほか、世界各国から船員が持ち帰った品々も展示されています。またラウンジや客室など旅客船の内部も再現されており、飛行船での旅の様子を一部だけですが垣間見ることができます。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年6月24日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。