まるで宮殿のよう!オスマン帝国宮廷建築家バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのイスラム寺院「ヌスレティエ・モスク」

まるで宮殿のよう!オスマン帝国宮廷建築家バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのイスラム寺院「ヌスレティエ・モスク」
       
世界で唯一アジアとヨーロッパにまたがるトルコ最大の都市、イスタンブール。ヨーロッパ側の新市街地には、オスマン帝国時代の中期から後期にかけて建設されたモスクやスルタンの住まった宮殿などが多く残されています。そんな新市街にあるモスクの中でも、オスマン建築に西洋建築様式を取り入れた、一際美しいイスラム寺院「ヌスレティエ・モスク」をご紹介しましょう。

まるで宮殿のよう!オスマン帝国宮廷建築家バルヤン一家が手...の画像はこちら >>


19世紀のオスマン帝国の帝都イスタンブールには、それまでのオスマン建築をベースにしながらも西洋の建築様式を取り入れた邸宅や宮殿、モスクが数多く建設されました。その多数はヨーロッパ側の新市街やアジア側のボスポラス海峡沿いに造られ、ベイレルベイ宮殿やドルマバフチェ宮殿、ドルマバフチェ・モスク、オルタキョイ・モスクなどがその代表的なものです。

スルタンの命を受けて、これらの建築の設計に携わっていたのは、当時の宮廷建築家でアルメニア人のバルヤン一家でした。バルヤン一家は、1500年代後半から盛んになったバロック様式を従来のオスマン建築に取り入れながら、実に100棟以上の大小様々な建築の設計を手掛けました。

バルヤン一族の中のクリコル・バルヤンが手掛けたのが、新市街のモスクの中でも規模が大きく一際美しい「ヌスレティエ・モスク」です。クリコル・バルヤンは時のスルタン・マフムト2世によってこのモスクの設計を任され、1823年に建設を開始しました。

まるで宮殿のよう!オスマン帝国宮廷建築家バルヤン一家が手掛けたイスタンブールのイスラム寺院「ヌスレティエ・モスク」


ボスポラス海峡沿いにあるこの場所は、当時大きな火災があり、この地区を再建復興させるためにモスクの建設が命じられたのです。
GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。