中国で生まれ独自の進化を遂げた、日本の餃子。

中国ではおおよその餃子は水餃子と呼ばれる、沸騰したお湯の中をくぐらせて味わう餃子がほとんどだが、日本では、主にパリッとした皮とその皮に包まれた美味しい餡とのハーモニーが嬉しい焼き餃子が広まっている。


そんなおいしい餃子は、今や世界各地で楽しまれている。

例えば、ポーランドで楽しまれている餃子「ピエロギ」に、マレーシアの美食の街・イポーにある「富山茶樓」で味わうで絶品の餃子、シンガポールの名門ラッフルズ・ホテルにある「ロイヤルチャイナ」で味わう至高の餃子、台湾・高雄にある市場で味わうド・ローカルな水餃子、さらにはフランス・パリで味わえる日本人初のミシュランシェフが手がけるギョウザ専門店「GYOZA BAR」などなど、数え上げればキリがない。

また、日本に目を向けてみれば、中国からもたらされたおいしい餃子は、宇都宮餃子や浜松餃子、そして博多餃子など、日本各地でそれぞれ独自の進化を遂げているのだ。

例えば、水餃子の名店、京成立石「蘭州」で味わう絶品の焼きニラ餃子に、行列必至の餃子専門店と呼ばれる江東区・亀戸の「亀戸餃子」、下町の商店街「ジョイフル三ノ輪」で味わうコスパ最高の餃子、餃子専門「さかい食品」、あのアンジャッシュ渡部さんが絶賛する餃子のお店、渋谷区幡ヶ谷の「您好 (ニイハオ)」、タモさん行きつけの中華料理屋「登龍」で味わうセレブな餃子に、1日に5000個も売れる博多っ子のソウルフード「旭軒」の博多餃子などなど、日本国内の美味しい餃子店をすべて挙げることも難しい。

そんな全国各地にある数々の餃子店の中から、今回は愛知県豊橋駅すぐの場所にある絶品の餃子店をご紹介したい。

お店の名前は「赤のれん」だ。


・メニューは餃子のみ!豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い「赤のれん」の餃子
こちらのお店、豊橋駅の西口から歩いて1分以内の場所にある、お店。

創業から60年以上経過している老舗の餃子店であり、その人気っぷりは1日1000個以上も餃子を売り上げ、豊橋市民のソウルフードの1つとも呼ばれているほどだ。
【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美...の画像はこちら >>

【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美味しい餃子を味わう / 愛知県豊橋市の「赤のれん」


食べ物のメニューは餃子のみ、という潔さはこちらのお店の心意気を感じるほどだ。
【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美味しい餃子を味わう / 愛知県豊橋市の「赤のれん」


・注文するとすぐに提供される「赤のれん」の餃子
まず餃子とビールをオーダーすると、その提供スピードに驚いてしまうかもしれない。

そのスピードたるや、ビールと餃子が同時に提供されるほどなのだ。
【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美味しい餃子を味わう / 愛知県豊橋市の「赤のれん」


餃子をまず味わえば、こちらのお店が人気であることはすぐにわかってしまう。


揚げ焼きにされている餃子の皮は、非常にパリッとしているのだが、皮の内側はふっくらとしており、中身の餡との相性は抜群。千葉県野田市を発祥とするホワイト餃子のような味わいを想像するとわかりやすいかもしれない。

そんな美味しい餃子をキンキンに冷えたビールと一緒に味わう、最高の癒しの時間がそこにはあるのだ。
【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美味しい餃子を味わう / 愛知県豊橋市の「赤のれん」


豊橋駅前で多くの市民に愛されて続けてきた「赤のれん」の餃子。

もし豊橋を訪れることがあるのであれば、こちらのお店の暖簾をくぐり、美味しい餃子を味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、豊橋でしか味わえない、香ばしい最高の餃子があるに違いないのだ。

<お店の情報>
お店 赤のれん
住所 愛知県豊橋市花田一番町189
営業時間 16:30 から 22:00
定休日 火曜日

The post 【日本餃子紀行】豊橋市民のソウルフードの1つとも呼び声高い美味しい餃子を味わう / 愛知県豊橋市の「赤のれん」 first appeared on GOTRIP!.