躍進するJ3テゲバジャーロ宮崎が目指すもの

躍進するJ3テゲバジャーロ宮崎が目指すもの
拡大する(全2枚)

夏が終わり秋を迎え、日本サッカーはそれぞれのカテゴリーで佳境を迎えている。2021シーズンの明治安田生命J3リーグは、残すところあと5節。上位2チームのみに与えられるJ2昇格の権利、もしくは1つでも上の順位を目指し、15のクラブがしのぎを削っている。

現在首位をひた走っているのはロアッソ熊本。2020シーズンは8位と苦しんだが、11シーズンに渡ってJ2で戦ったクラブの経験値はJ3で頭1つ抜けており、3位カターレ富山との勝ち点差は5。J2復帰は現実的な目標だ。

そのロアッソと勝ち点差3。2位に付けているのがテゲバジャーロ宮崎である。消化試合が1つ多いとはいえ、クラブ初のJリーグの舞台でビッグサプライズを演じている。昇格したばかりのチームが、予想を覆し優勝争いを演じている。サッカー界広しといえど、これほどワクワクすることは中々ない。

テゲバジャーロ宮崎のなにが凄いのか

テゲバジャーロ宮崎が凄さは、昇格組が2位に付けているということにとどまらない。J2に昇格するためにはクラブライセンス審査を受け、J2ライセンスもしくはJ1ライセンスを交付されなければならないのだが、宮崎はJ3ライセンスしか持っていない。2位以内で今シーズンを終えたとしてもJ2に昇格することはできないのだ。

さらに今季カテゴリーが上がったにも関わらず、目立った補強はしていない。2021シーズンの決算は発表されていないが、予算規模はおそらくJ3最小クラス。つまり「昇格組かつJ2に昇格することができないクラブが優勝争いをしている」ことである。より付け加えると「昇格組かつJ2に昇格することができない、目立った補強をしていない予算規模の小さなクラブが優勝争いをしている」ことが宮崎の凄さであり、昇格組という条件だけで見ても、仮に優勝するとJ3史上初となる。


この記事の画像

「躍進するJ3テゲバジャーロ宮崎が目指すもの」の画像1 「躍進するJ3テゲバジャーロ宮崎が目指すもの」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロアッソ熊本」に関する記事

「ロアッソ熊本」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロアッソ熊本」の記事

次に読みたい「ロアッソ熊本」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク