Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ
拡大する(全5枚)

欧州をはじめとするほとんどの海外地域では、コロナ禍以前のように大声援がサッカースタジアムを包んでいる。段階的ではあるものの、Jリーグにもそういった光景が戻る日が近づいている。

6月11日のJリーグYBCルヴァンカップ(ルヴァン杯)鹿島アントラーズ対アビスパ福岡(カシマスタジアム)の試合と、12日のJ2リーグ第21節東京ヴェルディ対いわてグルージャ盛岡(味の素スタジアム)の試合で「声出し応援エリア/声出し応援席」が導入されることが発表された。その後は7月のJ1・J2の数試合で運営検証が行われた後、希望するクラブすべてで導入される予定だ。

サポーターにとって、声出し応援は2020年のJ1・J2の開幕節以来。実に2年以上ぶりとなる。ただし声出し応援が解禁されたからといって、すぐにコロナ禍以前と同じ状況に戻るわけではないだろう。

ここでは、コロナ禍以前(2019シーズン)と今2022シーズンのJクラブの入場者数を比べてみよう。ほとんどのクラブで1試合当たりの平均入場者数はコロナ禍前後で大幅な減少となり、減少率が50%を超えるクラブも1つではなかった。

唯一の例外となったのが京都サンガで2022年上昇を示しているが、これは本拠地が球技専用の「サンガスタジアム by KYOCERA」へと移った効果の表れだろう。声出し応援の解禁が今後の入場者数にどのような影響を及ぼすか注目していたい。

Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ

Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率(1/2)


この記事の画像

「Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ」の画像1 「Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ」の画像2 「Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ」の画像3 「Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ」の画像4
「Jクラブ試合平均入場者数、コロナ禍前後の減少率まとめ」の画像5