[相場概況]日経平均は3日ぶり大幅反落、円高や地政学リスク嫌気

*15:50JST 日経平均は3日ぶり大幅反落、円高や地政学リスク嫌気
日経平均は3日ぶり大幅反落。20日の米国市場でNYダウは249ドル高と4日続伸し、S&P500指数は史上最高値を更新した。早期利下げと米中摩擦緩和への期待が相場を押し上げた。一方、円相場が1ドル=107円台前半まで上昇したことが重しとなり、本日の日経平均は24円高からスタート。前場は前日終値を挟みもみ合う場面が続いたが、後場に入るとトランプ米大統領がイランに対する軍事攻撃を一時承認していたとの報道もあって弱含み、一時21221.70円(前日比241.16円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比204.22円安の21258.64円となった。東証1部の売買高は15億3666万株、売買代金は2兆7182億円だった。業種別では、医薬品、建設業、不動産業が下落率上位だった。一方、鉱業、石油・石炭製品、非鉄金属が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の68%、対して値上がり銘柄は29%となった。

個別では、売買代金上位のソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>が揃って2%超の下落。ソフトバンクGは出資先の米社上場などの材料があったが、利益確定の売りに押された。資生堂<4911>は3%安。前日まで6日続伸した反動に加え、中国のEC(電子商取引)規制強化の影響を懸念した売りも出たようだ。レーティング引き下げ観測の大和ハウス<1925>や七十七銀<8341>は売りがかさみ、業績修正を発表したDLE<3686>が東証1部下落率トップとなった。一方、キーエンス<6861>、東エレク<8035>、ファナック<6954>といったハイテク株の一角がしっかり。中東情勢への懸念からNY原油先物相場が急伸し、国際帝石<1605>は4%超の上昇。JXTG<5020>や出光興産<5019>といった石油元売り大手も買われた。また、大豊工業<6470>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


《HK》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。