東京為替:1ドル113円60銭台、中国経済が想定より減速の可能性

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=113円60銭台で推移。中国経済は投資家の予想より減速リスクがあるとブルームバーグが報じている。不動産部門への依存度を引き下げ、教育やテクノロジー部門への締め付けなどが要因のもよう。また、電力不足やコロナによるサプライチェーンの影響なども嫌気されているもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が305.57円安と本日の安値で推移している。米ナスダックが下落した流れを引き継ぎ、ハイテク株が値を下げていることや、指数に寄与度の高いファーストリテイリングが3430円安となり、相場の重しとなっているもようだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不動産」に関する記事

「不動産」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不動産」の記事

次に読みたい「不動産」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク