ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート

ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート
拡大する(全4枚)

国際的なスポーツ機関で働く人材育成を目的に2000年に開設されたスポーツ学の大学院「FIFAマスター」。過去には宮本恒靖氏が現役引退後に受講したことで話題になった。ここではいったいどのような学びを得られるのか。12人目の日本人FIFAマスター受講者として現在在学中である内田大三氏に入学試験や授業、クラスメイトとのコミュニケーションなどを紹介してもらった。

入学までの経緯

 4年に1度、世界中が夢中になる祭典FIFAワールドカップを仕掛ける側になりたい。日本サッカー協会が掲げる「2050年までにFIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームになる」一員になりたい。その実現にはFIFAに近づくことが必要だと考え、現ガンバ大阪監督の宮本恒靖氏も学ばれたFIFAマスターへの入学を決意しました。

 しかし、入学のハードルは高くFIFAマスターの受験資格は4年制大学を卒業し、TOEFL100点以上もしくはIELTS平均7.5以上の英語力を有すること。私はどちらの点数も持っておらず、就労時間が不規則だった当時の仕事柄、予備校に通うことは難しかったので通勤時間や有給休暇を駆使して勉強時間を確保して資格を取得しました。

 10月に募集要項が発表された書類選考ではまず勤務先と大学からの推薦状(英文)が必要です。加えて、500語前後の英作文の課題は9問あり志望動機や国際経験、スポーツ以外の関心事など様々な角度からの自己紹介を求められます。スポーツ界が今後直面する課題を想定し、それを乗り越えるためにFIFAマスターで何を学びたいか、学生時代や社会人としての経験をクラスにどのように還元できるのかなどを問われました。


この記事の画像

「ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート」の画像1 「ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート」の画像2 「ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート」の画像3 「ワールドカップを再び日本へ!FIFAマスター受講中間レポート」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク