令和初の国の登録有形文化財登録へ 湯河原の「富士屋旅館」

記事まとめ

  • 湯河原の「富士屋旅館」の旧館が令和初の登録有形文化財へ登録されることが決定。
  • 近代和風建築を知るうえで貴重な建造物と認められた。
  • 富士屋旅館は明治9年に旅館を始めたと伝えられる。

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ
1
       

文化財建造物を後世に幅広く継承するために登録される、登録有形文化財。湯河原の「富士屋旅館」の旧館が、令和初の登録有形文化財(建造物)へ登録されることが決定した。

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録への画像はこちら >>

■関東大震災でもほぼ被害を受けず優美な姿をいまに残す「富士屋旅館」の「旧館」

藤木川に沿って建てられた二階建ての楼閣風建築には、客室の座敷飾り、縁側、廊下など外回りの建具に繊細な組子入り硝子戸が多用されるなど、上質な大正期の建築の特色が色濃く残る。

関東大震災でもほぼ被害を受けず優美な姿をいまに残す「富士屋旅館」の「旧館」。近代和風建築を知るうえでも貴重な建造物と認められ、今回の登録に至った。湯河原町では過去に有形文化財に登録された宿が3軒(上野屋、藤田屋、伊藤屋)あり、富士屋旅館は4軒目の宿。

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

■約100年の時を経てよみがえった富士屋旅館のシンボル

現存する「富士屋旅館」の建物の中でもっとも古い「旧館」。檜の三寸六分角柱を用いた細身の建築で、外から見ると瓦葺入母屋造の角屋が双楼風に突き出しており、約100年の時を経てよみがえった富士屋旅館のシンボルとなっている。

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

旧館と渡り廊下でつながる「洛味荘(らくみそう)」。もとは8室あった客室を4室に間取り変更し、ゆったりとした造りに。特徴的な建具などからも当時、洛味荘が贅を尽くして造られたことをうかがえる。

湯河原「富士屋旅館」令和初の国の登録有形文化財登録へ

傷みが激しかったため骨組みだけを残し、2019年、古き良き時代の日本のホテルをイメージした和洋折衷の建物へとリニューアル。洋室8室と唯一当時のレイアウトを残した和室2室がある、洗練された機能性の高い建物。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。