中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

「3日入れば、3年風邪をひかない」と言われる霊泉的効能の高い白骨温泉。湧き出たばかりは透明な温泉が時間の経過とともに乳白色になり、硫黄と炭酸を多く含むためぽかぽかとよく温まる温泉だ。

中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

年の瀬に白骨温泉の「白船荘 新宅旅館」に宿泊した。

広い駐車場へ車を停め、玄関に向かうと新宅旅館の提灯と門松が迎えてくれた。

中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

ロビーラウンジでは、ほうじ茶と温泉粥のお焼きをいただいた。刻んだ野沢菜入りの香ばしく焼けたお焼きが素朴で味わい深い。

中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

客室は本館の「鳳雲閣」、新館の「紫雲閣」と「渓山館」の3棟からなり、和室、次の間付き和室、温泉露天風呂付客室、洋室などのタイプが揃う。

中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

宿の敷地に湧く自家源泉「あらたまの湯」は源泉温度49.8度、湧出量は毎分250リットルと豊富。すべての浴槽に源泉掛流しで注がれ、飲泉も可能。

大浴場は男女別に内風呂と露天風呂があり、どちらも24時間利用できる。

中部山岳国立公園「白船荘 新宅旅館」の白濁の良泉を満喫

檜造りの内風呂は広々とした浴槽に白濁した温泉が縁からタプタプと静かに溢れ出ている。湯に体を沈めれば、体の表面に気泡がびっしりと付く。炭酸を多く含み、温まる温泉だ。

体が温まったところで、外気を感じる階段を上り露天風呂へ移動する。露天風呂の湯は空の色が映り込んでいるのか青みがかった美しい湖のような色をしていた。木々に囲まれた大自然の中の大きな湯舟に滔々と注がれる温泉の雪見風呂は1年の疲れもすっかり癒えるよう。

貸切湯は「すもも」と「こなし」のふたつ。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。