映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」
sub3
       

凝り始めると深みにハマっていくのが、インスタ沼。

スマホのカメラでは物足りなくて、デジカメを愛用している方注目の新アイテムが登場。

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」の画像はこちら >>

■「流れるようなボケ」を得るためのレンズ

アングルや光の入り方を考えたり、撮影後のデータを編集加工したり、と映える画像を作るために様々な工夫を実践している人も多いだろう。

どんなに工夫しても手に入らないのが、「流れるようなボケ」。

画像に物語性を加味させる「流れるようなボケ」を得るためのレンズがLensbabyだ。

■蛇腹でピントと傾きを調整する

Lensbabyの原点でもある蛇腹でピントと傾きを調整する、「Spark2.0」が7マウントバリエーションで登場する。7マウントは、キヤノンEF、RF、ニコンF、Z、ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ。

「Spark2.0」のレンズ部分は「Sweet 50」に進化。レンズベビーの原点である蛇腹で、ティルト(傾き)や画面内のピント位置のコントロールすることで、どんな被写体もユニークに演出することが可能だ。

蛇腹部分を手前に引くと遠距離にピントが合い、蛇腹を傾けることで、画面内の「ピントが合うゾーン」をコントロールできる。たとえば、人物の顔にピントを合わせ、その周囲を流れるようにボケさせることも容易にできるのだ。

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」

一眼レフカメラ装着例

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」

ミラーレスカメラ仕様

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」

ミラーレスカメラ装着例

画像の仕上がりバリエーションが広がることで、さらに撮影が楽しくなること確実だ。

映え必至!流れるようなボケ画像を撮れる蛇腹レンズ「Spark2.0」

一眼レフカメラ仕様

Spark2.0

焦点距離:50mm
絞り:F2.5~F22
フィルター径:46mm
絞り羽根:12枚(光学ユニットの前面にあるダイヤルで調整)
ピント合わせ:マニュアル
ティルト :0°~15°
レンズ構成:1群2枚
製品サイズ(径×高さ) デジタル一眼レフ用:5.08×6.35cm
重量 デジタル一眼レフ用:184.27g

アイテム詳細:https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/lensbaby/spark20.html

(冨田格)

当時の記事を読む

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。