PS2を分解して知るモノの仕組み―「プレイステーション分解ワークショップ」レポート

PS2を分解して知るモノの仕組み―「プレイステーション分解ワークショップ」レポート
PS2を分解して知るモノの仕組み―「プレイステーション分解ワークショップ」レポート
       
3月18日、お台場にあるソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」内にて、「プレイステーション分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~」が実施されました。

小学3年生~中学3年生向けの本ワークショップは、「分解博士」として参加するソニーグループのエンジニアが指導する中、作動可能な「PlayStation 2(以下、PS2)」を、子どもたちが自らの手で分解し、そのしくみや工具の正しい使い方を学ぶというもの。

ワークショップには約20名の親子が参加。今回分解するのは、2007年11月に発売されたスリムタイプのPS2(SCPH-90000)。全て新品です。うらやましい…分解せずに持って帰りたいくらいです。ちなみに、参加したお子さんの中には、このPS2と同い年という方も。

まずはじめに、「ソニー・エクスプローラサイエンス」の館長を務める、速見充男氏が登壇し、挨拶を行いました。その後、「PlayStation」エンジニア・高田利貞氏、「Xperia」などスマートフォンの開発に携わる中川雅朗氏、新規ビジネス関連のエンジニア・新倉英生氏が登壇。この3名が、「分解博士」として今回のワークショップに参加します。その他、ソニーグループで働いている社員7名が、博士をサポートする助手として紹介されました。

「早く分解したい!」というソワソワした空気の中、中川氏からソニー創設者のひとり・井深大氏が、子どもの頃に自宅の時計を分解したというエピソードが語られます。本ワークショップでは、モノを分解し仕組みを学ぶのはもちろん、井深氏が体験した楽しさやワクワク感を追体験するのも主旨の一つになるようです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月2日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。