ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ

ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
主人公に「春日一番」を迎え、新しい趣きが全開のPS4向けドラマチックRPG龍が如く7 光と闇の行方』。2020年1月16日に発売が決定した本作ですが、先日より配信されている体験版をプレイ。気になるバトルシステムの違い、新しいプレイスポットや収集要素など、気になったポイントをご紹介します。

気になるターン制バトルは、シミュレーションRPGのような戦略性があり!

まずは、一番の大きな変更ポイントとして注目されているバトルシステムについて。本作では、過去シリーズにおけるアクションバトルとは異なる「ライブコマンドRPGバトル」が採用されています。

ベースはコマンド選択式ターン制バトルで、敵味方ともに自分のターンが回ってくるまでアクションは行いません。ただし、行動選択中もすべてのキャラクターはゆるやかに移動をしているので、コマンドを選択するタイミングやその内容が重要になります。

たとえば、ターゲットを中心とした範囲攻撃技や、攻撃に向かう途中にいる敵を巻き込むといった技の場合、敵が移動するとダメージを与えられないことがあります。また、仲間との絆レベルが高いと、攻撃で敵をダウンさせた際に追撃が発生しますが、これにも敵のポジションが影響します。

こうしたリアルタイムのアクションがある一方、バトル中に行動キャラクターの位置は動かせません。そのため、敵味方がどこにいるかを常に把握し、使いたい技や次の行動を想像した上で的確なアクションを選択していきます。こうした思考の仕方はターン制のRPGであるとともに、シミュレーションRPGにも近いプレイ感がありました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュース

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月3日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。