これまで描けなかったドラマを、春日一番で描く―『龍が如く7 光と闇の行方』名越稔洋氏インタビュー

これまで描けなかったドラマを、春日一番で描く―『龍が如く7 光と闇の行方』名越稔洋氏インタビュー
これまで描けなかったドラマを、春日一番で描く―『龍が如く7 光と闇の行方』名越稔洋氏インタビュー
       
2020年1月16日の発売日まであとわずかとなった『龍が如く7 光と闇の行方』。シリーズ最新作となる本作は「ドラマティックRPG」と銘打たれ、従来のアクションゲームから一新。さらに主人公も桐生一馬から春日一番へとバトンタッチされ、新しい物語が紡がれることとなります。

そんな『7』に込めた思いとは――シリーズ総合監督の名越稔洋氏に伺いました。

その時、一番自信があるものを出していきたい
――改めて、『龍が如く』シリーズ総合監督として、本作で名越さんが担った役割をお聞かせください。

名越稔洋(以下、名越)ゲーム性やシナリオ面で作品の方向性を決めたり、制作スタッフの進捗を見たり、プロモーションの方法を考えたりと、全体の方針を考える役目です。

――前作で桐生一馬の物語が終わりました。新しい主人公でナンバリングの新作を作ると決められた理由はなんですか?

名越ゲームでも映画でも、ナンバリングで主人公が変わる作品はありますので、さほど気にしていません。現代劇で、街遊びができて、ドラマがあって、バトルをするという大きなくくりでいえば、今作も『龍が如く』というIPの遊び方と遠くないですよね。そこで他のタイトルをつけるのも違うのかなと思います。

桐生が主人公でなくとも、ドラマの背景にある環境は地続きですから、ナンバリングにする方が自然です。議論もたくさんありましたが、最終的に「7」としました。

――シリーズ初となるRPGに挑戦されました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュース

次に読みたい関連記事「ペルソナ4」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュース

次に読みたい関連記事「ゼスティリア」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。