『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・

広大な世界を地続きで楽しめるオープンワールド。このシステムを採用するゲームジャンルは多岐に渡っており、それぞれに代表的な作品が存在します。

例えば、オープンワールドの知名度を大きく押し上げた『グランド・セフト・オートIII』以降のシリーズ作品は、クライムアクションとオープンワールドを融合させた魅力で熱烈な支持を受けました。また、中世風ファンタジーRPGなら『オブリビオン』や『スカイリム』などが有名でしょう。

そして、西部劇をモチーフとし、ガンマンとして荒野を駆け抜けるオープンワールド・アクション『レッド・デッド・リデンプション』も、外せない名作のひとつです。

PS3/Xbox360向けにリリースされた本作は、その魅力的なモチーフや見事な世界観の描写、凄腕ガンマンを味わえるゲームシステム、そして移り変わる時代の中で不器用に生きる男の生き様を描き、多くのゲームファンを魅了しました。

そんな『レッド・デッド・リデンプション』は、海外版のリリースから遅れ、2010年10月7日に発売。本日でちょうど、日本上陸の10周年を迎えました。そこで、10年の月日が経っても記憶に残る名作の魅力を、今回改めて振り返ってみたいと思います。

硝煙と荒野に彩られ、過去に追いつかれた男の姿を、美しい西部劇描写で綴った『レッド・デッド・リデンプション』

『レッド・デッド・リデンプション』の特徴といえば、西部劇の醍醐味を味わえる点を外せません。銃と愛馬を相棒に、法と無法の境に自らの生き様を刻み、多数の荒くれ者を唸らせ、一人荒野を行く。映画や小説などで憧れた世界を、オープンワールドという広大な舞台で再現した本作は、歴史に記された一時代に生きる類いまれな体験を味わわせてくれる1作でした。

この記事の画像

「『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・」の画像1 「『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・」の画像2 「『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・」の画像3 「『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・」の画像4
「『レッド・デッド・リデンプション』本日10月7日で10周年! 不器用な男の生き様と「デッドアイ」が織りなす西部劇体験は、10年経っても美しい・・・」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「RPG」に関する記事

「RPG」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「RPG」の記事

次に読みたい「RPG」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク