【特集】知られざる「4DX」の裏側 ― 紅茶を飲みながら「ガルパン」や、オススメ作品、エフェクトの仕組みなどを担当者に訊いてみた

【特集】知られざる「4DX」の裏側 ― 紅茶を飲みながら「ガルパン」や、オススメ作品、エフェクトの仕組みなどを担当者に訊いてみた
【特集】知られざる「4DX」の裏側 ― 紅茶を飲みながら「ガルパン」や、オススメ作品、エフェクトの仕組みなどを担当者に訊いてみた
最近は若者の映画館離れが進んでいるなんて言わている一方で、『アバター』で世界を魅了した「デジタル3D」から始まり、超巨大スクリーン「IMAX」、音が骨まで響く「爆音上映」といった様々な上映方法が登場し、劇場でしか味わえない独自の体験が人気となってきています。

その中でも、ホームシアターや普通の映画館とは一線を画すアトラクション路線を突き進んでいるのが「4DX」。国内では『パシフィック・リム』や『アメイジング・スパイダーマン2』の公開時期に導入する劇場が増え始め、最近では『ガールズ&パンツァー』が4DXで再上映されるということでも話題になりました。

でも『4DX』って名前は聞いたことがあるけど、一体どんなものなのかよくわからないという方も多いはず。そこで今回は、そんな『4DX』についての知られざる裏側について、4Dシアターの導入数が業界トップのユナイテッド・シネマにお話をいろいろ伺ってまいりました。

◆そもそも4DXとは

『4DX』とは映画のシーンに合わせて、独自の臨場感を演出する体感型上映システムのこと。映画を鑑賞しながら、シートが大きく揺れ、水が飛び出し、香りや風が発生するといった11種類の多彩な特殊効果(エフェクト)を楽しむことができます。

システムは韓国の「CJ 4D PLEX」社が手がけており、2009年から海外で運用開始。日本では2013年の『アイアンマン3』で初上陸を果たしました。現在、日本では30を超える劇場で導入されています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2016年3月8日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。