この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編
拡大する(全7枚)
北条義時(演:小栗旬)と八重姫(演:新垣結衣)の間に生まれた長男・金剛(こんごう)。後の鎌倉幕府第3代執権となる北条泰時(演:坂口健太郎)です。

「御成敗式目(ごせいばいしきもく)を作った人でしょ?歴史の教科書で習ったよ」

という方も多いでしょうが、もちろんそれだけではありません。でも、あんまりよく知らない……と言う方も多いのではないでしょうか。

この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたど...の画像はこちら >>


北条泰時。歌川国芳筆

そこで今回は、北条泰時の生涯をたどってみたいと思います。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の予習になれば幸いです。

■誕生から承久の乱まで

北条泰時は源平合戦の真っ最中である寿永2年(1183年)、義時と阿波局(あわのつぼね。実名不詳)の長男として生まれました。

八重姫が生んだとするのは大河ドラマの創作設定(※)。阿波局自身に謎が多いため、融通を利かせたのでしょう。

(※)大河ドラマの時代考証を担当した坂井孝一氏の推論に基づくとか。ただし論拠に乏しく、批判もあります。

また、義時の妹も阿波局(大河ドラマでは実衣。演:宮澤エマ)と称しますが、彼女は史実でも阿野全成(演:新納慎也)に嫁いでいるため完全に別人です。

幼いころから主君である源頼朝(演:大泉洋)から寵愛を受けており、10歳の時に非礼をはたらいた御家人をかばったため自分の太刀を授けたとか。

この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編


伝頼朝公肖像。この太刀を泰時も佩いた?と想像すると胸が熱い(イメージ)

なお、この太刀は後に後鳥羽上皇(演:尾上松也)との最終決戦「承久の乱(承久3・1221年)」において佩いており、鎌倉を守護する聖剣として威力を発揮するのでした。

この記事の画像

「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像1 「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像2 「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像3 「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像4
「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像5 「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像6 「この予習は必須!【鎌倉殿の13人】北条泰時の生涯と実績をたどる。御成敗式目だけじゃないぞ:前編」の画像7