源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】
拡大する(全9枚)
「親の敵はかく討つぞ(このように討つのだ)!」

※慈円『愚管抄』巻第六

時は建保7年(1219年)1月27日、第3代鎌倉将軍・源実朝(演:柿澤勇人)が鶴岡八幡宮へ参詣した折、甥の公暁(演:寛一郎)に暗殺されてしまいました。

親とは公暁の亡き父であり、実朝の兄でもある源頼家(演:金子大地)。別に実朝が殺した(そのように指示した)訳でもないでしょうが、跡を継いで将軍になっている実朝が「父から命と将軍位を奪った」ように見えた……要するに逆恨みです。

源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも…...の画像はこちら >>


公暁に斬られる源実朝。月岡芳年「美談武者八景 鶴岡の暮雪」より

ともあれ実朝の首級を奪った公暁はその場から逃走。三浦義村(演:山本耕史)に対して使者を発します。

「ちょうど将軍に欠員が出たから、俺にお鉢が回って来た。早く支度をするように」

【原文】今有將軍之闕。吾專當東關之長也。早可廻計議之由……

※『吾妻鏡』承久元年(1219年)1月27日条。建保7年は4月12日に承久へ改元。

これを受けた義村は「御意。ただちにお迎えに上がります」と返答した上で北条義時(演:小栗旬)へ通報。同時に部下を派遣して、公暁を討ち取らせました。

以上が『吾妻鏡』などの伝える実朝暗殺の概略ですが、公暁は本当に自分が将軍にとって代わるつもりだったのでしょうか。

もしそうであったとしたら、背後に有力な御家人の支持を得ていたと考えるのが自然です。

そこで実朝暗殺には黒幕がいたとする説が浮上。もしそうなら果たして黒幕は誰なのか、よく挙げられるメンバーについて、それぞれ可能性を考察していきましょう。

この記事の画像

「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像1 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像2 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像3 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像4
「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像5 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像6 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像7 「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像8
「源実朝 暗殺の謎。黒幕はなんと北条義時?三浦義村?それとも……【鎌倉殿の13人】」の画像9