まさに芭蕉マジック!七夕に味わいたい松尾芭蕉「おくのほそ道」の傑作俳句

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり・・・で始まる松尾芭蕉の「おくのほそ道」は、皆様ご存知の事と思います。今回はその「おくのほそ道」の中で、七夕にぴったりの傑作俳句をご紹介します。それがこちら。

“荒海や 佐渡に横たふ 天の河”

深川の芭蕉庵から千住大橋を渡ってスタートした「おくのほそ道」の旅も折り返しを過ぎた越後(新潟県)の出雲崎で詠まれた一句です。この頃、季節はちょうど七夕を迎えていました。

まさに芭蕉マジック!七夕に味わいたい松尾芭蕉「おくのほそ道」の傑作俳句


「おくのほそ道」の絶唱とも称されるこの句は、芭蕉マジックとも言える大変すばらしい工夫がされています。

まずは文字通りに読んで味わってみてください。ただ一人佇む芭蕉と佐渡島を隔てるようにうねる日本海。波間に浮かぶ佐渡島のほの暗い影。そしてそれらを洗い清めるように降り注ぐ満天の星。夜空に横たわる美しい天の川。

芭蕉と佐渡島の手前から奥への距離感、天と海との上下の対比。これらが見事に詠みこまれており、深読みせずとも夢のような情景が立体的に浮かび上がります。たった十七音の響きの仕業とは思えません。

さらにこの情景に奥行きを与えるのが、佐渡島の背負う歴史です。

古事記の神話にも語られる佐渡島は、中世の昔までは罪人の流刑地でした。承久の乱に敗れた順徳上皇、日蓮宗の日蓮上人、室町時代の能楽師世阿弥など歴史上の敗者や、政権の怒りに触れた者が多く配流となり、その中には芭蕉も敬愛したであろう万葉歌人もいました。

芭蕉は句の前半で彼らの魂や人生、島につきまとう暗い歴史の翳に思いを馳せたのち、その闇をもすすぐ圧倒的な輝きときらめきの「天の河」で句全体を明るく照らしました。つまりこの「天の河」の一語によって佐渡島の暗い歴史や悲運の人々の魂を浄化するような、救済の句になっているのです。もしかすると芭蕉は短冊に願い事を書くように、この句で七夕の夜空に優しい願いをかけたのかもしれません。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る 2017年7月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら