北京五輪メダル増産の秘策は帰化選手 称賛と中傷、ことさら中国愛を叫ぶ
拡大する(全1枚)

北京冬季オリンピックは早くも後半に入った。

開催国の中国は夏季競技に比べると冬季競技の影が薄く、2018年の平昌大会では金メダル1つにとどまっている。メンツがかかる今大会では、全15競技に176人の選手を送り込んだ。メダル獲得、あるいは競技参加のために切り札となっているのが帰化選手だ。

谷愛凌人気でサーバーダウン

五輪出場のために国籍を変える選手はそれほど珍しくない。日本で最も有名なのは、2011年に国籍をカンボジアに変更し16年にリオ大会出場を果たしたタレントの猫ひろしさんだ。

卓球王国の中国では、層の厚い母国で勝ち残れない選手が、国籍を変えて五輪を目指す。リオ大会ではドイツの代表女子3人中2人、シンガポールに至っては3人中3人が「元」中国人だった。レベルが急激に上昇している日本でも、16年世界選手権団体戦日本代表の浜本由惟選手が、五輪出場のためにオーストリア国籍取得を希望していることが19年に報じられた。

北京大会に参加している中国選手の中にも、帰化選手が少なくない。ウィンタースポーツの歴史が浅いながら、開催国の「威信」を示す必要がある中国にとって、帰化選手は手っ取り早い強化策になっている。

その代表が、フリースタイルスキーの谷愛凌(英語名:Eileen Gu)選手だ。米国人の父と中国人の母を持つ谷選手は、米カリフォルニア州で生まれ育ち、2019年に15歳でワールドカップ(W杯)初優勝。同年、中国代表への転身を表明し中国籍を取得した。