「韓流エンタメの特徴の1つとも言えるのが、面白おかしい“推し”へのニックネームや、造語。例えば、社会現象ともなった『愛の不時着』でも、“顔天才”“母胎ソロ”など、秀逸な造語が話題となりました」

そう語るのは、韓流エンタメに精通している映画プロデューサーTさん。

近年、国を挙げて推進している韓国エンタメは成長が目覚ましいが、観る者の心を掴むエンタメの実力は、「ネーミングセンス」にも如実に反映されているとTさんは語る。

そこで、以下に秀逸なネーミングセンスによってつけられたキャッチコピーの数々を列挙。あなたはいくつわかりますか?

Q.以下のキャッチコピーを持つ韓国イケメン俳優は誰?

【1】顔爆撃機
【2】人生キャラメーカー
【3】ケミ神
【4】10年の約束
【5】美談製造機
【6】現実彼氏
【7】マブリー
【8】黄金の末っ子

■解答編

【1】顔爆撃機 = チョン・ヘイン

2018年、アラフォー女性と年下男性の恋愛模様を描き、韓国では社会現象を巻き起こしたドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』で大ブレークしたチョン・ヘイン(32)。兵役での厳しい訓練を経験したのが嘘に思える、生まれたての赤ちゃんのようなお肌のベビーフェイスと人懐っこい笑顔、実は脱ぐとマッチョ体型のギャップに「ヌナ(お姉さん)って呼ばれたい♪ 」と、沼にハマった人も多いのでは。ドラマ『あなたが眠っている間に』で共演し、仲の良い俳優イ・ジョンソクが、彼があまりにもイケメンなことから、顔で全てを破壊する「顔爆撃機」と命名。破壊されたいと切に願う女性が急増中。