貧困、非婚、非SEX…現実問題と同調圧力に苦しむ韓国女性

貧困、非婚、非SEX…現実問題と同調圧力に苦しむ韓国女性
拡大する(全1枚)
韓国の若者たち

現代韓国の若者と聞いて何を思い浮かべますか? 日本では外交上の軋轢ばかり注目されますが、流行語大賞にも選ばれた『愛の不時着』など韓流ドラマで活躍する俳優たちや、米ビルボードで首位を獲得したBTSなど、華やかな世界での成功者が数多くいる印象も強いのではないでしょうか。

しかし、ごく一部のそうした上澄み以外の、市井の若者たちの実態は「非常にシビアな現実の中にいる」。今年9月に『韓国の若者』(中公新書)を上梓した安宿緑氏は、そう喝破します。

安宿緑氏に、若者たちが抱える「生きづらさ」について、日韓の比較を交えて教えてもらいました。

■フェミニズム文学勃興の裏には

――韓国発のフェミニズム文学『82年生まれ、キム・ジヨン』が、日本でもベストセラーになるなど大きな反響を呼びましたが、実際に韓国を生きる若い女性の現状はどのようになっているのでしょうか。

「労働、恋愛、結婚……。あらゆる側面で、厳しい現実があります。フェミニズム文学のムーブメントもコンテンツ発のものではありません。女性たちの実際の苦しみをまざまざと写し取ったことで、女性たちの間で大きな話題となりました」

――たとえば日本でも男女間での賃金格差など問題は山積みですが、韓国の方が一層深刻ということですか?

「はい。労働関係についても、日本以上に格差があります。男性の平均賃金に対する女性の平均賃金の比率を割り出したデータでは、日本が25.7%なのに対して韓国は36.7%(2016年のデータ)。これはOECD加盟国のなかでも最悪の数字です。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「BTS」に関する記事

「BTS」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「BTS」の記事

次に読みたい「BTS」の記事をもっと見る

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク