東大生や弁護士によるコロナ禍「寺子屋」母子家庭に教育など支援

「子供たちの学びたいという気持ちを、コロナなんかで絶対に消されたくないんです。うちの寺子屋に通う親御さんの半数以上がシングルマザーの方です。コロナで最も打撃を受けている家庭といえると思います。貧困の連鎖もまた断ち切らなければなりません。

しかし、そんな逆境のなかだからこそ多くの支援者が集い、地元の高校や東大とをつないだオンライン授業もスタートしました」

語るのは、東京都北区にあるNPO『寺子屋子ども食堂・王子』理事長の島村勝巳さん(77)。この王子の小さな寺子屋が、コロナ禍での地域の教育支援として注目されている。

設立は、18年9月。場所は、地下鉄の王子神谷駅から3分のマンションの1階。毎週月・木曜の夕方5時30分から、小中学生それぞれ90分間程度、学習支援と食堂が開催されている。現在、通っている小中学生は45人に対して、ボランティア教師の人数は29人。

「東大生はじめ大学生に加え、すぐ裏に住む弁護士や日本有数のITエンジニアなど、地元のさまざまな経歴の方たちが手弁当で協力してくれています」

週1で参加する大手製薬会社勤務の女性(60)は、

「そろそろ定年後の生活を考えたとき、子供たちの成長とともに、自分自身もまだまだ前に進みたいと思って加わりました。毎回、こちらが元気をもらってます」

訪れたのは、コロナによる2カ月の休業が明けた10月最初の月曜日だったが、子供14人に対して先生12人と、まさしくマンツーマンで教科書に沿ったワークブックや宿題等の指導が行われていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク