千葉真一さん追悼で谷隼人が語る「野際さんのホテルを訪ねたら」

千葉真一さん追悼で谷隼人が語る「野際さんのホテルを訪ねたら」
拡大する(全1枚)

今年も多くの偉大なスターが、たくさんの思い出をわれわれに残してこの世を去った。そんな故人と親交が深かった方から届いた、愛あふれるラストメッセージを紹介。題して、「偉大なるあなたへ、愛をこめて」ーー。

千葉真一さん(享年82・俳優・8月19日没)へ。谷隼人(75・俳優)

千葉さん、どうしてですか? あれほど切磋琢磨して肉体を鍛えていた人が、こんな形で逝かれてしまうなんて。残念でなりません。

『キイハンター』(’68~’73年・TBS系)で共演したのは、自分が東映に入社して3年目。メインキャストの丹波哲郎さん、野際陽子さん、千葉さんに付いていくだけで精一杯でね。

忘れもしないのは、自分にとって初の激しいアクション。ジープに乗っている僕らが追っ手から逃げる場面で、突然、「谷、飛び降りるぞ!」って千葉さんが。「こんな猛スピードの車から?」と怯みましたよ。でも、やるしかないじゃない(笑)。

その後、JACを設立し、後進を育成した人でしたが、俺にはなにも教えてくれませんでした。食事をご馳走になったこともない。それは、自分が高倉健さんの舎弟分だったからですよね。高倉さんが生きざまを見せてくれる人だとしたら、千葉さんは、自分の肉体で表現するということを見せてくれた、一無二の役者でした。

野際さんのことは、「お姉ちゃん」と呼んでいました。2人が結婚したときは心から喜んでね。いつだったか、宿泊先のホテルで野際さんの部屋を訪ねたら、扉が開いたときにさっと身を隠す人影が見えた。「あの俊敏な身のこなしは千葉さんだ! 出番のない千葉さんがここにいるってことは、2人は付き合っているの!?」と、そのとき初めて気がつきました(笑)。

「谷、『キイハンター』の続編をやろうよ!」。会うと必ずその話になりましたね。千葉さんが本気だったら、俺はなにがなんでも後押ししようと思っていた。そして、もう一度見たかったですよ、体でドラマを見せてくれる千葉真一を。今はそれだけが心残りです。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

千葉真一のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「千葉真一」に関する記事

「千葉真一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「千葉真一」の記事

次に読みたい「千葉真一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク