めざまし&ラヴィット、情報番組で感染者続出…問われる“ノーマスク出演”の是非
拡大する(全1枚)

1月21日、新型コロナの新規感染者数が全国で4万9,856人を記録し、東京都では過去最多となる9,699人が報告された。高い感染力を持つとされているオミクロン株の急拡大は、朝の情報番組へも大きな打撃を与えているようだ。

20日放送の『ラヴィット!』(TBS系)では、レギュラー5組のうち4組が代打となった。本来であれば木曜レギュラーは、ニューヨークの嶋佐和也(35)、屋敷裕政(35)、NON STYLEの石田明(41)、モデルの横田真悠(22)、ギャル曽根(36)。しかし嶋佐と横田が感染し、嶋佐とコンビの屋敷は濃厚接触者に。この日はギャル曽根以外、ピンチヒッターの出演となった。

また21日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、木曜パーソナリティを務めるHey! Say! JUMPの伊野尾慧(31)の感染が20日に発表された。そのことから伊野尾と接触したメインキャスターの三宅正治アナ(59)を含む7名は、大事をとって出演を見送る事態に。代打として『めざましどようび』に出演する佐野瑞樹アナ(50)、久慈暁子アナ(27)、高見侑里アナ(34)が急遽出演したのだった。

コロナ禍以降、テレビ局ではドラマ制作・放送の延期が余儀なくされるなど困難な状況が続いた。各局では感染対策マニュアルが作成されたが、徹底されているとは言い難いようだ。

本誌も、昨年7月末に感染した野々村真(57)の感染源が13人ものクラスター感染を起こしたABCテレビ制作のドラマだったことを報じている。