LE SSERAFIMメンバー活動休止で韓国の“いじめ処分”の厳格さに注目集まる…日本との違い指摘する声も
拡大する(全1枚)

5月2日にデビューした韓国の6人組ガールズグループ・LE SSERAFIM(ル セラフィム)。HKT48として日本でも活躍した宮脇咲良(24)もメンバーの一人で、デビューアルバムが初週売り上げ30万枚以上を突破するなど注目を集めていた。しかし20日、メンバーのキム・ガラム(16)が活動休止に追い込まれた。

「ガラムさんをめぐっては、デビュー前から学校内暴力やいじめの加害者だったとインターネット上で噂されており、19日には被害者だと主張するAさんが現れました。所属事務所は20日に声明を発表し、ガラムさんは中学1年生のときに校内のいじめ問題で処分されていたことを認めました」(前出・アイドルライター)

デビューからわずか3週間足らずでの活動休止に衝撃が走るなか、一部ではガラムに下されたという処分に注目が集まっている。

「ガラムさんが中学1年生のときに受けたというのは、学校暴力予防及び対策に関する法律第17条第1項第5号。具体的な内容は特別教育履修6時間、同条第9項による保護者特別教育履修5時間というものです」(前出・アイドルライター)

学校での暴力やいじめが社会問題となっている韓国では、学校暴力対策自治委員会が設置されているのだという。

「校内暴力などが起きるとこの委員会が処分を決定します。処分は9種類に分かれており、第1号は書面謝罪、2号は被害学生に対する接触・脅迫・報復行為の禁止、3号は学校内奉仕、4号は社会奉仕、5号は特別教育、6号は出席停止、7号はクラス変更、8号は転校。もっとも重い9号は退学処分となります」(全国紙記者)