バッキンガム宮殿の近衛兵が暑さで失神する傾向に。その防止方法が英陸軍チームにより研究中(イギリス)

バッキンガム宮殿の近衛兵が暑さで失神する傾向に。その防止方法が英陸軍チームにより研究中(イギリス)


 イギリスのロンドンにあるバッキンガム宮殿の見どころのひとつといえば、独特のユニフォームに身を包んだ、近衛兵の姿だろう。

 彼らは、クマの毛皮でできた黒い帽子と赤いボタンジャケットを着用し、宮殿の門番として直立不動の姿勢を取っている他、大切な式典の際などには団体で行進する。

 しかし、近年猛暑が続くイギリスでは、冬に適したユニフォームを年中装着している近衛兵の数人が失神する傾向にある。

 そこで現在、英国陸軍研究チームは近衛兵が問題なく任務を遂行するためにも、どのような方法で失神を防ぐことができるかということをリサーチ中なのだという。
[動画を見る]
Man Down! Member Of Queen's Guard Faints During Birthday Ceremony

【特徴的なユニフォームを身にまとう近衛兵】

 エリザベス女王のお膝元、ロンドンのバッキンガム宮殿には多くの観光客が訪れるが、見どころのひとつとなるのは、やはり象徴的なユニフォームを着て行進する近衛兵の姿だ。

[画像を見る]

 彼らは、職務中だから当然のことではあるが、笑顔ひとつ見せず黙々と任務をこなしている。今では、そんな姿も近衛兵のイメージとしてすっかり定着しているようだ。

 中でも、クマの毛皮でできた黒の長い帽子と襟元まできっちりとボタンを締めた赤いジャケット、ウール製の厚いズボンといった近衛兵のユニフォームは特徴的だが、寒い冬の気候であれば暖かくても、夏の暑い時期には辛いことこの上なさそうである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月15日のびっくり記事
「バッキンガム宮殿の近衛兵が暑さで失神する傾向に。その防止方法が英陸軍チームにより研究中(イギリス)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    毛皮は動物が生きたまま剥ぐ。それでいいんだという人は一回動画を見るべきだな。凄まじく残酷で眠れなくなる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら