イラン軍にイルカ部隊が存在する可能性が浮上(イラン)

イラン軍にイルカ部隊が存在する可能性が浮上(イラン)

Andrea Izzotti/iStock
 ご存じのように、イランとアメリカは緊張状態にある。イランの核開発問題を発端とするいざこざで、トランプ米大統領は2018年5月に核合意を離脱。そこからまたひと悶着あって、アメリカがイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ将軍を殺害したことにより、全面戦争になるのではないかと危惧されていたが、今の時点では、事態は沈静化したように見える。

 だがお互いの主張は相容れないものがあり、今後どうなるかはわからない。

 そんな中、イランの恐るべき兵器は核以外にもあるというかつてのニュースがアメリカ国内をにぎわせている。それはイルカである。

 2000年当時のBBCの報道によると、イランはロシアから軍事訓練を受けたイルカを大量に購入したというのだ。
【ソ連軍のイルカが水族館に引き取られるも経営難に】

 もともとイルカたちはソ連軍が訓練したもので、その崩壊後にロシアの水族館に引き取られていたらしい。しかし人々の関心が薄れると、水族館も経営難となり、イルカたちを手放さざるを得なくなった。

 「イルカたちを置き去りにすることなんて私にはできません」とイルカ訓練士のボリス・ジュリドさんはロシアの新聞、コムソモリスカヤ・プラウダ紙の取材に答えている。

 「あいつらが飢える姿なんて絶対に見たくないです。病気になったら治療だってしてやりたい。でも、財政難で高価な薬も尽きていたし、エサになる魚もありませんでした。」

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「イラン軍にイルカ部隊が存在する可能性が浮上(イラン)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    透明人間が見えるんですってば。。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。