西洋剣と日本の刀を比較してみた(スミソニアンチャンネル)

西洋剣と日本の刀を比較してみた(スミソニアンチャンネル)


 日本が誇る伝統武器の日本刀と、神話や伝説に数多く登場するロングソード(西洋剣)。どちらも過去に多くの歴史的戦いに使用されてきたこともあり、どちらが強く優れているのかに関して比較されてきた。

 日本刀と西洋剣は、刀という点では同じでもその製造方法は異なり、機能にも違いがあるとされている。

 今回は、スミソニアン・マガジンの公式Youtubeチャンネルによる日本刀と西洋剣を使った簡単な実験動画を見ながら、その違いを見ていこう。
[動画を見る]
How Does a Katana Compare to a Medieval Long Sword?

【反りのある刀身が特徴的な日本刀】

 片刃の反った刀身を利用して引き切ることで、最強の切れ味を出すといわれる日本刀は、複雑な工程を繰り返して行われる独特の製造法で作られている。

 叩いて伸ばした素材の「玉鋼」を何度も重ねて鍛接する「折り返し鍛錬」と呼ばれる鍛造法によって作られた刀のみが、日本刀と認められている。

[動画を見る]
Japan's most famous Katana forging artisan Kobayashi filmed by ADEYTO

【種類や形、製造法が異なる西洋剣】

 一方、西洋剣は複数の種類が存在し、形も異なる。製造方法も多種多様で、製造によって刃の強度や切れ味も変化する。

 一般的な製造法としては、鋼を熱して叩き伸ばす鍛造や溶かした鉄を流し込む鋳造が知られているが、両刃の西洋剣は鎧の隙間を突いたり、鎧の上から叩き切ったりすることを想定して作られてきたため、多少刃こぼれしてもその機能は失われないそうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「西洋剣と日本の刀を比較してみた(スミソニアンチャンネル)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    確かに「切り裂くための日本刀、叩き切るための西洋剣」だと思いますが 日本人と西洋人の体格も差があるので それに合わせて改良されていったのでしょうね

    0
  • 匿名さん 通報

    戦国時代には鎧通しという刀があってだな〜

    0
  • 匿名さん 通報

    兜割なら蛤研ぎの同田貫

    0
  • 匿名さん 通報

    日本刀の真の実力は、居合切りによって発揮されます。「居合切り」とキーワード検索してみてください。下手に居合切りを真似をするのは止めてくださいね、鞘がしっかりしていないと自分の指を切り落としますよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    ダメダメだなあ日本刀

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。