地球に掘られた最も深い穴はロシアの廃墟に存在する。

       
地球に掘られた最も深い穴はロシアの廃墟に存在する。

image by:Rakot13/Wikimedia Commons
ロシア西部に、ボロボロの金属スクラップや崩れたコンクリートが打ち捨てられている場所がある。一見ただの廃墟だが、注意深く見ていくとこの瓦礫の中にボルトで封印された円形の蓋のようなものがある。

実はその下には、なんと12kmも続く掘り抜きの穴があいているのだ。

12kmの深さとはどれくらいなのかというと、海洋でもっとも深いマリアナ海溝の最深部よりも深い。これは、地球に掘られた最も深い穴なのだ。

【科学調査の為に掘られた穴】

ここは、「コラ半島超深度掘削坑」と呼ばれ、石油の抽出とはなんの関係もない。この竪穴坑は科学調査のためのものなのだ。

1970年代、旧ソ連の科学者たちが、地球の地殻状況について知るために掘り始めた。

24年以上にわたって、研究者たちはひたすら地中深く掘り続け、1994年には地下12キロに達した。今日でも、この記録は破られていない。当時、地下12キロまで掘り進んだ技術は、かなりのものといえる。

[画像を見る]
コラ半島超深度掘削坑施設(2007年)image by:Andre Belozeroff / WIKI commons
【地球上で最も深い穴から得られたものは?】

ところで、この大変な作業から得られたものはなんだったのだろうか?

まずは、地表から12kmの深さのところに水が存在することがわかった。これは研究者たちがその目で見るまで考えもしなかったことだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。