コロナで映画館閉鎖の影響を受け、苦戦するポップコーン製造業者(アメリカ)

       
コロナで映画館閉鎖の影響を受け、苦戦するポップコーン製造業者(アメリカ)

映画館閉鎖、その時ポップコーン業者は? dbreen/pixabay
 観客が映画館でポップコーンを食べ始めたのは、大恐慌時代だったという。以来、映画鑑賞のお供に、ポップコーンは欠かせないスナックとなっている。

 コロナ禍により、イベント業、飲食業など苦戦を強いられているが映画業界も例外ではない。更にそこから派生して、アメリカのポップコーン製造業者も経営の危機に瀕している。

 全国の映画館が閉鎖されたままになっているため、大量のトウモロコシの実が余ってしまい、その実を保管する為の保管庫(サイロ)を増設しなければならなくなっているという。『Mental Floss』などが伝えている。
【コロナのパンデミック以来、ポップコーン入手方法に変化】

 パンデミック前は、アメリカの全てのポップコーンの約30%が、家の外で消費されていたそうだ。

 しかし、コロナによるロックダウンは、食料品店で販売されている電子レンジ用ポップコーンの売り上げを押し上げ、映画館用のポップコーンは突然その主要市場を失った。

 特にアメリカでは、映画館用と家庭用のポップコーンは別の業者となることから、映画館用のポップコーンを製造している農家は、これまでは製品を直接劇場に販売していたため、スーパーなど小売業者に持ち込むために必要なパッケージを提供する準備が整っていないのだ。

 そのため、映画館の閉鎖が続くと、ポップコーンとなる穀粒が過剰に余ってしまうという結果になり、映画館に大量のポップコーンを供給していた業者らは現在苦戦の日々を送っているというわけだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。