世界中で昆虫が激減している。好む好まないにかかわらず真剣に考えなければならない時が来ている

世界中で昆虫が激減している。好む好まないにかかわらず真剣に考えなければならない時が来ている

昆虫の数が激減、地球に深刻な影響を及ぼす / Pixabay
 どうしても昆虫が苦手だという人は多いだろう。だが、好む好まないにかかわらず、昆虫は地球が円滑な生態系を築く上でなくてはならない存在だ。

 今、世界中で昆虫が激減しているそうだ。『PNAS』(1月12日付)の特集に寄せられた一連の研究では、50名以上の専門家によって世界に生息する昆虫の数がまとめられている。

 それによると、現在の傾向がこのまま続けば、今後20年で昆虫の3分の1が消えてしまう恐れあるという。
【昆虫が世界を動かしている】

 人間や他生物の生活は、昆虫と密接なかかわりがある。私たちは食糧生産や栄養の循環といった生態系の営みを利用して生きているが、昆虫はそれをきちんと機能させる重要な担い手だ。その意味で、小さな生き物たちは世界を動かしているとも言われている。

 そうした営みは大昔から絶えることなく続けられてきた。しかしここ数十年で、さまざまな昆虫が激減している。

[画像を見る]
Pixabay
【地域によってばらつきはあるものの絶滅の傾向は強まっていく】

 試算によると、昆虫は年間1~2%ずつ減少しているという。一部では10%とされる場所もあるなど、地域ごとのばらつきを考えると、強い懸念を抱かせる数字だ。

 原因は1つだけではない。たとえば気温や雨量の変化、生息地の減少、殺虫剤の使用、あるいは光害など、さまざまなことが考えられ、昆虫にとっては受難の時代となっている。

 昆虫の減少は世界的な傾向だが、中には増えている地域もある。環境保護法のおかげで、水辺がきれいになり、水生の昆虫の数が増えている場所もある。

 このように全体像は必ずしも単純なものではないが、だからといって楽観視することはできない。

 というのも、現在地球の気温が上昇しつつあることを考えると、それほど強くないほんの数種の絶滅は、今後さらに状況が悪化するだろうことを示す前兆であったとしてもおかしくないからだ。

 蛾やゴキブリは大量発生しているかもしれない。しかし受粉を助ける昆虫やデトリタス食者(小さな有機物を食べる生き物)がいなくなってしまえば、作物は育たなくなり、ゴミが土へと分解されることもない。

 「昆虫が行っている受粉やゴミ処理といった無料のサービスは、アメリカだけでも年間70億ドル(約7000億円)もの経済効果があると推定されています」と、論文の執筆者の1人、フロリダ大学の河原章人博士は説明する。

[画像を見る]
iStock
【私たちにもできる昆虫の減少を止める8つの方法】

 その河原博士は、危機に瀕した昆虫を救うを8つの方法を提案している。それなりの取り組みが必要なアイデアもあるが、中には楽できてしまうものもある。

 たとえば博士は、家庭の庭を昆虫の生息地にしてしまおうと提案する。これまで念入りに雑草をむしり、几帳面に芝を刈り込んでいた人は、少しサボってしまえばいい。それだけで昆虫の生息地が増えるのだ。

 「アメリカの各家庭、学校、公園にある芝の10%が自然な生息地に変われば、昆虫の生息地が400万エーカー増えます」と、河原博士は語る。

 だが、一番大切なのは、博士が「昆虫への否定的イメージを払拭する」と述べているように、身の回りにいる小さな生き物に興味を持つことかもしれない。

 虫が苦手な人は結構多いかもしれないが、彼らがとても大切な存在だということを知れば、少しは愛おしさを感じられるようになることだろう。

昆虫の減少を止める8つの方法
1. 庭を様々な野生の生息地にする
2. 在来植物を栽培する
3. 農薬や除草剤の使用を減らす
4. 屋外の照明を少なくする
5. 車の洗浄に使用する洗剤の排水を抑え、車道の防水剤や除氷塩の使用を減らす
6. 昆虫に対する否定的なイメージを払拭する
7. 教育者して昆虫の保護を提唱していく
8. 地域の自治体へ参加し、科学への支援を求める

References:pnas / sciencealert/ written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:世界中で昆虫が激減している。好む好まないにかかわらず真剣に考えなければならない時が来ている http://karapaia.com/archives/52298586.html

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「世界中で昆虫が激減している。好む好まないにかかわらず真剣に考えなければならない時が来ている」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    『ミツバチが絶滅すれば人類も絶滅する』アインシュタイン

    3
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。