死の直前の走馬灯は実在する可能性。脳波で確認

死の直前の走馬灯は実在する可能性。脳波で確認
 人は死の間際、過去の記憶がフラッシュバックして自分の人生の走馬灯を見ると言われている。実際に、臨死体験者もそれを証言しているが、これは真実なのかもしれない。

 カナダの研究チームは、男性患者の死の前後30秒間の脳の活動を、史上初めて記録することに成功。その脳波には、記憶を呼び起こしたり、夢を見ている時と同じパターンの動きが確認されたという。

死にゆく脳は走馬灯を見ている? 臨終間際の脳を観察できたのは偶然であるという。もともとはてんかん発作がある87歳の患者の脳波を調べることが目的だった。ところが検査をしている最中に、突然心臓発作を起こして亡くなってしまったのだ。

 その結果、まさに脳が死を迎える15分間の活動を記録することができた。

 心停止の前後30秒では「ガンマ波」という脳波のパターンが検出された。これは知覚や意識に関連付けられている脳波で、夢を見たり、記憶を呼び起こしたりするといった高度な認識作業を行っている時に出るものだ。

 「死の直前の脳は、記憶の想起に関係する振動によって、人生の重要な出来事を最後に思い出しているのかもしれません。臨死体験した人の話にも似ていますね」と、研究の主執筆者であり、ルイスヴィル大学の神経外科医のアジマル・ゼンマー博士は話す。

 「こうした発見は、生命の正確な最後の瞬間がいつなのかついての理解をくつがえします。これは臓器提供のタイミングなど、重要な問いを突きつけるものです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク