キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!の画像はこちら >>

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



「ようこそ!」と元気に日本語で挨拶しスタートしたファンミーティング。白いスーツに身を包んだキム・スヒョンはキラキラの眩しい笑顔で客席を隅から隅まで何度も見渡し手を振った。
今回なんと約7年ぶりとなる日本でのファンミーティングで、個人的には5年ぶりの来日だという。(ちなみに5年前はひとりで北海道旅行をしたそう)

(ファンミの)前日に来日しとんかつを食べたそうだが、その時の様子を「衣がサクサクで中からは肉汁が溢れてきて…」と見事な食レポを披露し会場を沸かせていた。近況としては家で自転車に乗れるローラーを設置しサイクリングを楽しんでいるそうで、最近では(コロナの)状況も良くなってきたので登山など野外活動を本格化しようと思っていた矢先に寒くなってきたとぼやき笑わせる場面も。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



作品トークではまず『サイコだけど大丈夫』があげられ、自身にとってどんな作品だったか問われると「当時インタビューの機会があった際にはこの作品はヒューマンヒーリングドラマだとお話していたんですが、僕自身も癒された作品でした。30代になって初めて出演した作品で、以前とは目標も変わりました。それまでは作品をすべて自分のモノにしようとしていましたが、例えるなら攻撃手ではなくサポートする側に回り、僕以外の役を輝かせたいと思うようになりました」と話し「キム・スヒョンが出ている作品は共演者が生き生きとしている、輝いていると思ってもらえるようになることが最終目標です」と少し照れながらも成熟した姿を見せ客席からは大きな拍手が起こった。
印象に残っているシーンとしては9話のエンディングをあげ「このシーンで完全にオ・ジョンセさんにハマりました」と話しオ・ジョンセの演技を絶賛した。

次はファン投票で選んだドラマ名場面を見ていくコーナー!かと思いきや「順番変えてもいいですか?歌を歌おうと思います」と突然歌のパートに(笑)。『ホテルデルーナ』のOSTでもあるポール・キムの『So long』を歌い上げた。どうやら歌はとても緊張するそうで、歌い終わったあとも手が震えているのを見せてくれたが、歌唱中はそんなことも感じさせない堂々とした姿と歌声で魅了した。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



気を取り直して『ベストオブベスト キム・スヒョンの15年』のコーナーでは事前にファン投票で選ばれた出演作BEST5と名場面BEST3を発表。出演作BEST5は5位『ある日~真実のベール』、4位『ドリームハイ』、3位『サイコだけど大丈夫』、2位『太陽を抱く月』、1位『星から来たあなた』という結果に。
「『太陽を抱く月』はもう10年も前の作品になりますが、自分にはまだ王の役は早いと壁にぶちあたった作品でした」と当時を振り返った。『星から来たあなた』ではスクリーンに流れるドラマの映像を見ながら本人は恥ずかしそうに日本語で「やめろー!」と絶叫し笑いが起こった。(アニメを見て日本語を覚えているそうで、今回のファンミ中突然流暢な日本語が飛び出す場面も多く見受けられ、発音もイントネーションも完璧で感激と笑いが同時に…!)

続く名場面BEST3では3位『太陽を抱く月』のヨヌとの再会シーン、2位は『星から来たあなた』のキスシーン、1位は『サイコだけど大丈夫』の最終回が選ばれた。やはり自分の出演シーンを見るのは恥ずかしいようでドラマ再生中はステージ上を歩き回ったり落ち着かない様子。照れをごまかすように「歌にいきましょうか」と言うと『世界中の誰よりきっと』の韓国語バージョンを歌い日本人にも馴染みのある楽曲で盛り上げた。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



ファン全員参加型のゲームコーナーではキム・スヒョンに関する2択クイズを実施。
遊びに行くなら山or海(キム・スヒョンの答えは海)、連絡するならカカオor電話(答えは電話)、朝食はパンorごはん(答えはごはん)など14問に渡るクイズを全問正解し勝ち残った5名のファンがステージに上がることに。その幸運なファンとおこなったクイズコーナーはキム・スヒョンだけがヘッドフォンで日本の曲を聴き、聞こえたとおりに歌い、ステージ上のファンがその曲名を当てるというもの。出題された曲は『LA・LA・LA LOVE SONG』『うっせぇわ』『ポケットからキュンです!』などキム・スヒョンは初めて聴く曲のようだったが、なんとか特徴を伝えファンを正解に導いた。ステージに上がったファンにはお花のプレゼントと握手のサービスもあり客席からは羨望の声も。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



続いてはソン・シギョンの『We Make A Good Pair』を歌唱。途中の少し難易度が高いコーラスをファンにお願いするキム・スヒョンと、なんとか応えてあげようと頑張って練習するも上手くいかない客席のファンたちのやりとりがなんとも微笑ましかった。
(ちなみに次回のファンミでリベンジするそう。笑)

ファンからの質問に答えるコーナーでは、キム・スヒョン自ら質問者の席まで降りていき答えてくれる神対応!どこから来たかを聞き「徳島は島ですか?」「熊本は熊が多い地域ですか?」とちょこちょこ日本語を理解し笑いをとったり、本人を目の前にして思わず涙を見せるファンに「泣くなー!落ち着けー!」とアニメトーンの日本語で和ませたりと優しさが垣間見える瞬間も。質問で韓国のおすすめスポットを聞かれると江原道を推薦。『サイコでも大丈夫』のロケ地でもあり、個人的に食べ物が一番美味しいところだと語った。また他の質問では得意料理はキムチチャーハン、気分転換をしたい時は家の掃除をするといいと教えてくれた。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



その後はサプライズで3階席、2階席に登場し遠くの席のファンまで気遣う優しさとサービス精神を見せた。
最後の挨拶では「今日はみなさんの応援で癒されました」と感謝の気持ちを述べつつも「今日お聞かせしたよりも、本当はもう少し歌が上手いです」と笑いも入れつつ「また来年良い作品で素敵な姿といい演技でご挨拶したいと思いますので少しだけ待っていてください」と締めくくった。最後はチョ・ジャンヒョクの『Love』を熱唱。歌詞の内容とスマホのライトを照らすファンたちの姿が相まってか、途中涙ぐむ姿も見られ感動的な雰囲気のなか幕を閉じた。

キム・スヒョン、7年ぶりの来日ファンミーティングレポート!
キム・スヒョン

©KIM SOO HYUN Japan Official Fanclub



<スタッフメモ>
個人的には初の生キム・スヒョンさんでした。ドラマで見るそのままのキラキラとした姿に感動!ファンミ中、客席のファンを見渡す眼差しと進行にとらわれず自由に振舞う姿がとても魅力的でした。またスヒョンさんの少しハスキーで声量のある歌声を生で聴いて『ドリームハイ』のサムドンを思い出し胸アツでした^^

KIM SOO HYUN 15th Anniversary FAN MEETING ~always special day~
2022年10月9日(日) @カルッツかわさき
——————-
■キム・スヒョン ジャパンオフィシャルファンクラブ:https://kimsoohyun.jp/

キム・スヒョン関連記事を読む