話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊
拡大する(全7枚)

宝石の国(1)』(著:市川 春子)

遠い未来、地上から人間は姿を消し、代わりにその地で息づく28人の宝石たち。

月より彼ら宝石たちを宝飾品にしようと襲いかかる「月人」に立ち向かうため、それぞれの鉱物の特性にあった戦闘能力を持った宝石達が繰り広げる、軽やかで躍動感に溢れたファンタジーアクション『宝石の国』。市川春子による初の長編作品となる本作は、豪華スタッフと声優陣によるテレビアニメも放映中だ。

物語に登場する28人の宝石たちは、ダイヤモンドやアメシスト、ラピスラズリなどの誰もが知る宝石から、ベニトアイトやネプチュナイトなど、一般的にあまり馴染みのない鉱物まで幅広い。

話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集...の画像はこちら >>

そんな多彩な鉱物たちが登場する本作の主人公は、フォスフォフィライト(以下フォス)。この鉱物を知らなかった人は正直に手を上げてみよう。かくいう私も本作を読むまでは知らなかった。薄荷色の透き通った結晶を持つフォスフォフィライトは、とても美しい鉱物であるが、非常に脆く弱い。

鉱物の堅さを示すモース硬度は3.5。硬貨でこすればキズが付いてしまうほどの脆弱さ。 Wikipediaを紐解けばその美しくはかなげな結晶を見ることができるが、事実、その加工の難しさ、デリケートさによって実用的な宝飾品として使用するのは困難だそうだ。

そしてその硬度の低さはおなじ宝石の仲間である硬度7のモルガナイトに触れたらフォス自分が割れてしまうくらい、脆弱な存在──彼を中心に紡ぐ物語が『宝石の国』だ。


この記事の画像

「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像1 「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像2 「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像3 「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像4
「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像5 「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像6 「話題作『宝石の国』の魅力とは? 遠い未来、28の宝石たちが集う梁山泊」の画像7